Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域との連携

 公立みつぎ総合病院と関連施設のリハビリスタッフ(PT・OT・ST・MT・CP)の総数は86人であり、他部門と連携を取りながら急性期、回復期、生活期のリハビリに関わっています。特に地域との連携は重要視しており、生活支援や受け皿作り等、自助・互助・共助の地域づくりに力を入れています。
 さて、今年度は、「シルバーリハビリ体操指導士養成事業」を尾道市と協働して実施しました。このシルバーリハビリ体操は、茨城県立健康プラザ管理者の大田仁史医師が考案し、茨城県全体で介護予防体操として実施されているものであり、尾道市に合わせ微調整し実施しています。
 目的は、住民と行政が一体となって指導士の養成と体操普及を通じて住民の介護予防と健康づくりの推進を図ることであり、受講資格は①尾道市民、②常勤の職についていないおおむね60歳以上の方、③地域でボランティアが出来る方としています。
 講習会のカリキュラムは40時間(8日間)と多いのですが、59歳~85歳まで幅広い年齢の方が受講されました。将来的には600人の指導士養成を目標としており、初年度の今年は56名の指導士さんが誕生しています。
 そのシルバーリハビリ体操指導士養成事業の講習スタッフとして、当病院から医師を含め複数名参加しており、尾道市職員や他病院の療法士と連携を取りながら運営しています。私自身、この事業に関わり一番驚いたことは、住民の皆さんの意欲であり積極性でした。6月、9月、1月と3期の講習会(各期定員20人)を実施したのですが、講習会終了後すぐに地域へ出て体操普及活動を開始されました。平成25年7月~1月末(3期生は講習中)までに各地区で83回活動し、2170人の地域住民に体操指導を行っています。この積極性はすばらしく、尾道市や講習会スタッフが考えていた以上の行動力でした。各地区からの体操指導の依頼も急増しており、定期的な開催も希望されています。地域住民の介護予防だけでなく、指導士さん達の介護予防にもなっており、更に生きがい作りにもなっています。まだまだ指導士さんの数が少なく、引っ張りだこの状態であり、早急な増員が必要となっていますが、住民の方々の地域力を感じることができる事業となっています。
 障がい者や高齢者を含めた地域住民の生活を支えていくには、医療や福祉だけでなく、保健や予防も大切です。公立みつぎ総合病院では、療法士一人ひとりが地域リハビリの視点とリハビリ前置の意識を持って、住民が住み慣れた地域で自分らしい生活が継続できるよう、更に努力していきたいと思います。今後ともご支援・ご協力お願いします。
スポンサーサイト

春を感じる季節となりました

 私は、病院や総合施設等で音楽療法を行っている音楽療法士です。
音楽療法では、プログラムの中に季節の歌も取り入れながら、入院患者様や施設利用者様と歌を歌ったり、楽器演奏を行ったりしています。
 
 3月に入り、音楽療法で歌う曲も<冬の歌>から<春の歌>に変わりました。

 そんな中、先日義母より蕗の薹の天ぷらが届き、ほろ苦い春の味を味わいました。
また、山からは鶯の声が聞こえ始め、梅の花が咲いているのを見かけるようになったりと、日ごとに春を感じています。

 しかし、春を感じつつも雪がちらつく日もあり、外はまだまだ寒いです。
 暖かな春本番の到来を待ち遠しく思う、今日この頃です。

春を感じる季節になりました

 私は、病院や総合施設などで音楽療法を行っている音楽療法士です。
音楽療法では、プログラムの中に季節の歌も取り入れながら、入院患者様や施設利用者様と歌を歌ったり、楽器演奏などを行ったりしています。
 3月に入り、音楽療法で歌う曲も、冬の歌から春の歌に変わりました。
そんな中、先日義母より蕗の薹の天ぷらが届き、ほろ苦い春の味を頂きました。
また、山からは鶯の声が聞こえ始め、梅の花が咲いているのを見かけたりと、日ごとに春を感じています。
 しかし、春を感じつつも雪がちらつく日もあり、外はまだまだ寒いです。
 暖かな春本番の到来を待ち遠しく思う今日この頃です。

今年度もあと少しになりました

 今年度もあと1ヶ月で終わりになり、有床診療所に異動になり2年目が終わろうとしています。
 異動になった1年目は仕事を覚えたり慣れるのに精一杯だった気がします。その中で、患者様のニーズやゴールを考え、患者様の個別性を大切にしながら、リハビリを実施するように自分なりに考え心がけてきました。
 その一方で、今年度新たな課題となったものが、公平性というものでした。有床診療所では入院患者様はほぼ1日を同じスケジュールで過ごし、その他にもレクリエーションや季節の行事を皆さんで行ったりと、集団生活や仲間作りということも大切になっています。個別性を大切にしながら、公平性も保つということの大切さを学んだ1年間でした。
 そして、今後はこの公平性と個別性の二つのバランスを考えるということが自分にとっての課題だと思います。このことは未だに悩み続けており、果たして何がベストなのかは今後も考え続けていく課題ではないかと思います。

自助具ってなんだろう

作業療法では、疾患や障害でなにかの動作が難しくなっているとき、
その人その人の能力や希望に合わせて自助具を作成したり、
紹介したりします。

例えば、股関節の疾患で前にかがめないとき、
靴下をはくのが難しくなります。
肩が上がらないときに、髪をとかすのが難しくなります。
それぞれの症状に合わせた便利な道具があります。

わたしも、患者さんのために自助具を考えよう、
と思うと気合いが入ります。
いいアイデアを浮かばせるために、インターネットを見たり、
他のスタッフに聞いたり、時には、
患者さん自身に教えていただくことも多々あります。
しかし、いつもうまくいくとは限らないのです。

どんな風なやり方をしたら、その人らしく、
軽い力で、うまくできるかな?
どんなものなら毎日使いたくなるかな?
素材は?重さは?市販品がある?代金は?
症状だけでなく、その方の生活スタイル、
性格まで考えないといけません。
日々の鋭い観察眼がとても大切だと実感する日々です。

家電量販店に行っても、ホームセンターに行っても、
ヒントは転がっています。
これは○○さんが使えそう・・・
これは△△さんには難しいかな・・・?
試行錯誤してもまだまだ成功率が低い、修行中の身です。

しかし、作業療法士は考えるのが好きな人が多いのです。
なにか不便に思うことがありましたら、
作業療法士に尋ねてみてください。
すぐに答えはだせないかもしれないけど、
一緒に考えてくれるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。