Entries

スポンサーサイト

回復期病棟勤務の作業療法士です

 回復期病棟では、個々の患者さまの在宅復帰に向けての支援を多職種で協業し行っています。 私は作業療法士として、ある女性に在宅復帰に向けて家事練習の一つとして調理を提案しました。 その女性は脳梗塞後遺症で片手に麻痺が若干残っていたため、これからは今までのように料理することは難しいと思われていたようです。 はじめは調理練習を受け入れられず拒否されていましたが、体力の回復と共にチャレンジしてみようという...

「チームで働く」ということ

こんにちは、理学療法士の平井と申します。脱サラをして理学療法士になって早いもので5年目になりました。前の仕事とは全く違う医療職ですが、自分でも最近ようやく慣れてきたかなと思っています。この仕事に就いてから特に感じることは、仲間の協力無くしては仕事が成立しない、ということです。 僕は回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期)に配属されていますが、回復期では今年度から「月に1度、患者さまに季節を感じて...

笑顔でいること

こんにちは。4月に入社した新人作業療法士です。新人ではありますが、この半年間で総合施設と病院の仕事を経験し、まだまだわからないことが多く毎日忙しく働いています。そんな中、患者様より「あなたの笑顔が好きよ。」と言われ自分も穏やかな気持ちを取り戻していることに気づきました。「笑顔とあいさつは忘れないように」と毎日過ごしていましたが、患者様からそのような言葉を直接いただくと、とても嬉しいです。「笑顔は人...

映画部

僕と同期の2人で映画部を創設し、はや3年...先日もアフターファイブに映画観賞をしました。映画が大好きな僕と同期、好みの映画は違うけれど映画を観終わった後の帰りの車内で映画評論家にも負けないような討論会が名物になっています。さて今回は、ゲスト2人(同じ職場)をメンバーに加え、計4人でシリーズ化されているX-Menのスピンオフである「ウルヴァリン」を観賞することにしました。 撮影舞台が尾道(御調町)に近い福...

カープ今年こそ

回復期病棟に勤務するPTです。朝晩、秋を感じるこの頃ですが、プロ野球では広島東洋カープが16年ぶりにAクラス(3位)に入ろうとしてます。患者様との会話で、普段からカープの話題は多いのですが、毎年の「今年もダメじゃねえ」から「今年は(CS)行くで~」と、活気ある会話が増えています。病と戦っている方が、カープを励みにしているという新聞記事やテレビを見ることがありますが、プロ野球の意義はこんなところにあるんだろ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。