Entries

スポンサーサイト

地域との連携

 公立みつぎ総合病院と関連施設のリハビリスタッフ(PT・OT・ST・MT・CP)の総数は86人であり、他部門と連携を取りながら急性期、回復期、生活期のリハビリに関わっています。特に地域との連携は重要視しており、生活支援や受け皿作り等、自助・互助・共助の地域づくりに力を入れています。 さて、今年度は、「シルバーリハビリ体操指導士養成事業」を尾道市と協働して実施しました。このシルバーリハビリ体操は、茨城県立健康プ...

春を感じる季節となりました

 私は、病院や総合施設等で音楽療法を行っている音楽療法士です。音楽療法では、プログラムの中に季節の歌も取り入れながら、入院患者様や施設利用者様と歌を歌ったり、楽器演奏を行ったりしています。  3月に入り、音楽療法で歌う曲も<冬の歌>から<春の歌>に変わりました。 そんな中、先日義母より蕗の薹の天ぷらが届き、ほろ苦い春の味を味わいました。また、山からは鶯の声が聞こえ始め、梅の花が咲いているのを見かけ...

春を感じる季節になりました

 私は、病院や総合施設などで音楽療法を行っている音楽療法士です。音楽療法では、プログラムの中に季節の歌も取り入れながら、入院患者様や施設利用者様と歌を歌ったり、楽器演奏などを行ったりしています。 3月に入り、音楽療法で歌う曲も、冬の歌から春の歌に変わりました。そんな中、先日義母より蕗の薹の天ぷらが届き、ほろ苦い春の味を頂きました。また、山からは鶯の声が聞こえ始め、梅の花が咲いているのを見かけたりと...

今年度もあと少しになりました

 今年度もあと1ヶ月で終わりになり、有床診療所に異動になり2年目が終わろうとしています。 異動になった1年目は仕事を覚えたり慣れるのに精一杯だった気がします。その中で、患者様のニーズやゴールを考え、患者様の個別性を大切にしながら、リハビリを実施するように自分なりに考え心がけてきました。 その一方で、今年度新たな課題となったものが、公平性というものでした。有床診療所では入院患者様はほぼ1日を同じスケジュ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。