Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんの得意なこと

 私の祖母はもうすぐ86歳になります。

最近、記憶力が顕著に低下し、日にちはわからない、
数分前に食べた物がわからない・・・
などといったことも多くなりました。

私や私の娘に、
数分ごとに同じ質問を容赦なく投げかけてきます。
小学生の娘も随分と受け答えが上手になりました。

そんな祖母ですが、得意なことがあります。
それは、とてもおいしおにぎりが握れるということです。

祖母の握る三角おにぎりは昔から近所でも評判で(自称ですが)
その味は絶品でおにぎりのふんわり感といい、塩味といい
絶妙なバランスです。
今だに私たち家族は運動会などでおにぎりが必要なときには
祖母にお願いしてしまいます。

祖母はとても喜んで、ものすごく曲がった腰を一生懸命に伸ばし
せっせとおにぎりを握ってくれます。


 私の働く職場にも、祖母と同じくらいの年齢の患者様が
たくさん入院されています。

みなさんそれぞれリハビリを日々頑張っておられます。
患者様たちもそれぞれ得意なことがあります。

美味しいブドウが作れる、
美味しいお米が作れる、
編みものが上手にできる、
短時間で味のしっかりしみ込んだ煮物が作れる、
おじゃみが縫える・・・などなど、

私には到底できないようなことができる
スゴ腕の持ち主達です。

みなさん、祖母と同じように
得意なことをお願いすると快くお引き受けいただいたり、
また得意なことを話題にすると表情も明るくなられるような
そんな印象を受けます。

私はそういう表情を見るのが大好きで
また同時に尊敬の念を抱きます。

 私は、患者様たちがいつまでも得意なこと、
好きなことを続けていきたいと思っていただけるよう願っています。
また、そのような支援ができる療法士でありたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。