Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケの時間

私は、リハビリセンターに勤務している3年目の理学療法士です。
今回、「私の癒しのひととき」について書かせて頂きます。


リハビリセンターには、週に1回カラオケの時間があります。
ほとんどの患者様が、この時間を楽しみにされております。
私が担当させて頂いているA様も、その中の一人です。

A様は失語症を呈していながらも、一生懸命かつ楽しみながら
カラオケの時間を満喫されています。
毎回、「(カラオケが)この日にあるから聴きにきなさい。」と声を掛けて下さいます。
聴きに行くと私の方を“チラッ”と見て、「よく来たな」というような感じで
手を挙げて挨拶をして下さいます。
当然、聴きに行けない日もあり、そんな日は夕方に部屋まで呼ばれ
「なぜ来なかった!」と注意を受ける事もあります。

こんな些細なやりとりが私にとっては楽しく
またA様の一生懸命に歌を唄われる姿や声を聴くことが、私の癒しとなっています。
A様以外の他の患者様も、カラオケでは想像していた声より大きかったり
可愛らしかったり渋かったりと、意外な一面を拝見することができ
患者様以上に楽しませて頂いております。

正直、今まで演歌について全く興味のなかった私ですが、
これを機会に少しずつ曲のタイトルが分かるようになりつつあります。
今後も、引き続き患者様や自分自身で学んでいこうと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。