Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車の運転について

私は、リハビリ部の作業療法士として当院へ就職し、
9年が経過しました。振り返ると、あっという間に時間
が過ぎ去っていったように今、感じています。

現在、私は主として、脳血管疾患発症後の患者さんの
リハビリテーションを行っています。その中で、患者さ
んより「自動車の運転を再開したい」とのご希望を伺う
ことがあります。
 
脳血管疾患を発症すると、麻痺や感覚障害などの運動
機能障害を呈するだけでなく、高次脳機能障害といって、
注意障害、記憶障害、視空間認知障害、遂行機能障害、
社会的行動障害などの「目に見えない障害」を呈するこ
とがあります。

 上記の高次脳機能障害を呈した場合、自動車の運転に
おいて、運転に集中できない、スピードを出し過ぎてし
まう、ブレーキの操作が遅れる、直進走行でふらついて
しまう、などの様々な支障をきたすことがあるため、特
に注意が必要です。

 また、高次脳機能障害は、ご本人が症状に気付かない
場合があるため、ご本人、ご家族ならびに周囲の人がこ
のような症状に気付いた場合は、お早めに医師やリハビ
リスタッフへ相談していただきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。