Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ園芸クラブ

 リハビリ室の屋上では、リハビリの一環として園芸療法を取り入れています。園芸療法とは簡潔に説明させていただきますと、園芸活動を通じて、身体機能面への働きかけだけでなく、土や植物に触れることで、精神面(心)への働きかけを目的にしています。
 現在、園芸クラブでは、無作為に選ばせていただいた患者様や希望された患者様を含め、だいたい4~7名程度参加しており、2週間に1度実施しています。
 そこでは、患者様に、苗や種を植えるとこから、水やり、肥料、収穫まで一緒に楽しんでいます。屋上の一角で実施しているために、プランターを使用しての栽培となるため、植えるものは花やプランターで栽培可能な作物となってしまいますが、季節に合わせて様々な物を育てています。
 先月末には、ミニトマトと黒豆を収穫し終わり、患者様たちと「夏も終わりましたね」とお話をしました。そして、先週には、秋・冬野菜の主役、大根とちんげん菜、そしてほうれん草を植えました。
水やりを終えて、患者様と「ちゃんと育つか楽しみだね」と毎日水やりをしながら、楽しんでいます。
 この活動では、患者様の新しい一面と素敵な笑顔にいつも感動しています。それとともに、園芸活動に積極的に活動される姿を見て、患者様の積極性を引き出せるリハビリとは何か?患者様はリハビリをどう感じているのか?いつも考えさせられています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。