Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職して感じたこと

はじめまして。

私は今年の4月から保健福祉総合施設のリハビリテーションセンターに勤務しています、新人の理学療法士です。

実際に理学療法士として働かせていただき、学生のときとは違う責任感の重さなどを感じています。
緊張の毎日ですが、心温かい先輩方に支えられながら、日々勉強しています。


私がリハビリテーションセンターで働かせていただき、約3ヶ月が経とうとしていますが、これまでの出来事を2つ書こうと思います。

1つ目は心に残っていることです。
私が施設内を患者様と歩行練習をしているときに、ふと目に留まる短歌があり、その内容が心に残っています。

「花のいのちは短くて苦しきことのみ多かりき」

私の感じたままですが、これは人生を表しているのではないかと思いました。
この短歌を書かれた方はどのような人生を歩んできてこられたのか、考えさせられました。


2つ目は嬉しかったことです。
“ニックネーム”というものは、「相手のことを理解してからできるもの」「人間関係を築けるもの」だと思っています。
私が入職し、間もないですが、その“ニックネーム”を患者様が考えてくれていたことに驚きました。

(まあ、少しからかわれているように思いますが・・・)患者様が明るく私をニックネームで呼んでいただけると、このリハビリテーションセンターに少しずつ馴染めてきているのかなと感じ、嬉しい気持ちでいっぱいです!!


まだまだ経験が浅いですが、患者様の思いに応えられるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。