Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉コース高校生への講習会

 先日、近隣にある高校(普通科福祉コース)2年生の学生に「体位変換」「車椅子への移乗等の介護」というテーマで、2時間の講習を行ってきました。

 対象は、これから実習にでる学生ということなので、まずは興味を持ってもらう!このことを一番の目標としました。実技というと 【介護する側】 の体験が中心のようにかんじます。が、今回は 【介護される側】 の体験も同じ時間だけ経験してもらいました。スムーズにいくorいかないの基準を自分で介護される側として感じてもらうと、「なぜ自分はうまくいかない?」「こうすればうまくいくんだ!」と、自分で考え、能動的に参加してくれていたようにおもいます。

 あとはお金の話...このポジショニングクッションは○○○○○円!この車いすは○○○○○○円!!と言うと、介護する際にとても大切な道具にとても興味をもっていましたよ。導入のみの話とは言え興味の場所が違うといわれるかも...もちろん使うことによって、介護がとても楽になることも実感してもらいました!

 でも一番試されたのは自分。福祉コースの学生とはいえ専門用語(難しい言葉)ではぐらかすのはとても簡単。わかりやすい言葉を通して、わかりやすい実技を行うことは...とても難しかったなぁと思います。普段から、かみ砕いた説明ができるよう人と関わらねばならん!そのことを再認識する2時間でした。

 もしかしたら自分が一番充実している?自分が一番楽しんでいたかも...きっとそれも大切なはず!?この場をかりて福祉コースの学生さん、先生ありがとうございました!!これからもゆっくり、着実に進んでいきましょう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。