Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾妻山

こんにちは!
冬らしい季節になってきましたね。
今日は、ちょうど一月前に行った山登り(ハイキング?)について書いてみたいと思います。
元々山登りの好きな私ですが、子ども達も成人すると家族で行くことがすっかりなくなり、寂しく思っていました。
我が子がだめなら孫と行こうと思い、4歳と2歳の孫を連れて吾妻山に行くことになりました。
すると、子供が行くならと娘たちもやっと重い腰を上げてくれました。
そこへ、両親がひ孫が行くなら自分達も参加すると言いだし、4世代で初登山となりました。
吾妻山は1239mの山ですが、登山口からの標高差は220mであり、大人の足なら約40分で山頂という
ハイキングコースともいえる山です。
 
2歳の孫が途中で嫌だと言い出したらどうしよう。初めての山登りで、心臓の病気や腰痛のある両親が途中で動けなくなったらどうしよう、などと思いながら登り始めました。
2歳の孫はごまかされながら何とか登っていきますが、両親は少し進んでは休み、大きな段差では手を貸しお尻を持ち上げるなどの手伝いでやっとの思いです。それでも同年齢の方がすいすい登っていく様子や、「おじいちゃん、おばあちゃん頑張って」の声援に励まされ、とうとう頂上まで登り切りました。

吾妻山山頂からは紅葉がとても綺麗で、初めて登った両親や久しぶりの娘たちはとても感動したようです。
帰りは紅葉のブナ林を抜け、孫とどんぐりを拾いながら楽しく下山していきました。
車に乗ると孫達は一瞬にして眠ってしまいました。

両親は、今までにない経験と1200mの山に登れたことが自信になったようで、明るい会話が増えました。
来年も皆で登れるように、元気でいたいそうです。

心配しながらの山登りでしたが、4世代で登れたことはそれぞれの心に色々な思いを運んでくれました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。